ニュース!

野元の右足首関節 検査結果の報告 

7月10日 奈良県の西奈良中央病院整形外科の高倉先生(足関節の専門家)の診察を受けてきました。その状況を報告します。

検査結果は予想通りかなり悪くなっていました。レベル4で早めの手術が必要とのことでした。方法は 人工関節置換術か 固定術(関節の骨と骨をくっつける)になる。  年齢から考えると人工関節がよさそう。 が大型バイクを運搬 整備することを考えると固定術が無難かな。 とのこと。

手術すると 入院が2週間 ギブス固定が1か月 その後リハビリは状況により。。。  2~3ヶ月ほど休業となります。  

みなさんにご迷惑かけますが オートショップ野元 を続けるためには必要なことと ご理解ください。休業期間はなるべく短くし 休業中も他のバイクショップの協力を頂いて 皆さんのバイクライフに支障のないようにしたいと思います。

入院予定日など決まりましたらまた報告します。

      オートショップ野元  野元 勉

 

四国ツーリング レポ-

日時 : 2019年3月17日~20日

参加者: 野元 勉(GL1800) 豊留 英幸(NINJA1000)

走行ルート:鹿屋~都城~高速~臼杵~フェリー~八幡浜~R378~松山で宿泊~高速~瀬戸大橋~高松市~徳島市で宿泊 ~鳴門市霊山寺~大塚国際美術館~高速~大阪南港~フェッリー~志布志港~鹿屋

約 860km

かかった費用 ;有料道路代は含まず(すべてETC対応)

  項目   金額   内容   備考
フェリー代  ¥5890 臼杵港~八幡浜港 オレンジフェリー
フェリー代 ¥16600 大阪南港~志布志港 サンフラワー プライベートベッド
宿泊費  ¥4800 松山市 ネクストホテル松山
宿泊費  ¥4320 徳島市 イセヤINN徳島
入場料   ¥410 栗林公園 高松市
入場料  ¥3240 大塚国際美術館 鳴門市
ガソリン代  ¥6200 燃費20km/lで計算 860km/20km/l*145
食事代 ¥10000   10食(朝昼晩)
   合計 約¥52000    

3月17日(日) 1日目 晴

朝6時出発 気温7℃ まだ暗く寒い。冬支度で出発する。

末吉 山之口PAで休憩 気温は4℃と下がってきた。

8:30 川南PAで朝飯 9:30はゆま道の駅 10:30臼杵港着

11;35 臼杵港発 フェリーではシラス丼食べてゆっくり睡眠。

14:00 八幡浜港を出発しR378海岸線を走る。海岸線の際を緊張し又景観を楽しみながら気持ちよくはしれた。15:00 JRで最も海に近い駅という下灘駅を眺めながら走り道の駅ふたみで休憩。ここは道の駅のすぐ裏が砂浜で 駐車場は満車 バイクの駐車場も多くのライダーがいた。

R378からR56にでて松山へ向かう。

松山市近郊にはいると渋滞が始まる。

松山城着16時。 ロープウェイに乗ろうと駐車場を探すが見つからない。

お城の山周りを走り遠くから天守を眺めてネクストホテル松山に向かう。

ホテルはセールがあり1室¥4800と安価で泊まれた。

松山の繁華街を散策しながら鯛飯をさがす。天文館を歩いているような錯覚を起こす。雰囲気が似ていた。

ホテル近くの料理屋さんに入りさっそく鯛飯セットを注文。

宇和島に本店のあるえん家(株かどや)という店でお茶漬け風の鯛飯だった。たれもGOOD!旨かった!!

3月18日(月) 2日目 晴

朝7時 ホテルのバイキング朝食 8時出発。天気晴

松山ICを目指すが車線を間違えて川内ICから松山自動車道に入る。

右奥の山を見ると高い山はまだ雪景色だ。

石槌山SAに入るとハイウェイオアシスの看板があり行ってみると温泉や宿泊施設があった。

高速下りずに宿泊できる。急ぐたびには便利そうだ。

新居浜 四国中央市を過ぎ川之江JCTで徳島道と高松道に分かれる。

高松自動車道に入り観音寺市の大野原ICでR11~6県道に入り琴弾公園へ。丘の上から巨大な砂型の銭型(寛永通宝)を眺める。1辺が100mもあるという。ここは中尾氏推奨のところ 写真をラインで送る。

21県道を走り父母ガ浜(チチブガハマ)で休憩。ここは夕日の時刻で引き潮の時には海に自分の姿が映り日本のウユニ塩湖とよばれているとか。220県道から23県道を走り金毘羅宮を目指す。のんびりした農道のような県道だ 時刻は11時半 腹が減ってきた。走りながら豊留氏と相談し地元の人が多く寄るような讃岐うどんの店を探す。R377に出たところに地元車がいっぱい並んでいるうどん屋があった。腰のある麺に豊富なトッピング 安くて美味しいうどんだった。

金毘羅さん参道近くの”つるたや”の駐車場にバイクをとめて階段を上る。が時間もなく右足痛の野元を気遣ってか 豊留氏 “ここから先は石段がもっと急になる写真撮って引き返そう ”と提案。

つるたやは奥様が垂水の出身とかで話が弾みお茶を飲み買い物して出発する。

善通寺ICから高松道を走り瀬戸中央自動車道へ。川崎重工のコンビナートを見下ろして瀬戸大橋を渡る。なんと巨大な建造物だ! おっかなびっくりで走る。継ぎ目の鉄板で後輪が横滑りする。風も怖い。気を付けようと無線で話しながら与島PA(ヨノシマ)で休憩。ここもかなり大きなPAだ。

ここから引き返して坂出JCTへ戻り高松の栗林公園に向かう。高速の出口をひとつ間違えて高松中央ICで212県道にでて栗林公園着午後4時。平家物語の舞台となった屋島 歴史館 観光景勝地津田の松原は省くことにして公園を散策する。映像で見覚えのある園内の景勝を写真撮りながら廻るともう午後5時。

高松道を走り徳島へ向かう。

1番札所霊山寺は明日行くことにして鳴門ICでR11に降り40県道を走って徳島市のホテル イセヤINN徳島に向かう。午後6時着。受付の方が屋根のある駐車場へ案内してくれた。

チェックイン後 腹減ったとR28沿いを歩きインドカレー屋に入る。豊留氏は ナン を食べるのは初めてという。

3月19日(火) 3日目 雨

夜中から降り出した雨がやみそうもない。6時半 ホテルで用意してくれた おにぎり クロワッサン コーヒー 味噌汁で朝飯。屋根のある駐車場でよかった。雨具を装着して7時半出発。

R28 12県道を走り霊山寺へ向かう。通勤ラッシュにかかって渋滞かと思いきや意外とスムーズに霊山寺に着いた。ここら辺はブラタモリ(テレビ)でしっかり勉強してきた豊留氏の解説聞きながら雨の中見学 お参りする。

朝早いのと雨のせいか人は少ない。板野ICから高速に乗り鳴門JCTから神戸淡路鳴門自動車道を走り鳴門北ICから11県道へ。大鳴門橋を眺めたのち引き返して大塚国際美術館駐車場へ。雨具のままシャトルバスに乗り込み入館。ロッカーで雨具やインナーを脱いで身軽になって見学する。9時半

最初にミケランジェロの大きな天井画の部屋に入り 映像や写真で見ていたがあまりの迫力に度肝を抜かれる。ゴッホの7枚のひまわりなど世界中でここでしか見られないものだそうだ。写真を撮っても触ってもいいという陶板の絵 というのも初めてだった。地下3階地上2階の1000点余りあるという絵を急いで回ったが12時を過ぎてしまいレストランへ。

鯛がメインの海鮮丼を注文したが とてもおいしかった。またわかめのお吸い物もうまかった。

午後1時出発 阪神淡路鳴門道に入りPAに立ち寄る。

あめは小降りになってきた。淡路SAで最後の休憩。ここもハイウェイオアシスがあり大きなSAだった。写真を撮り水分補給後出発。明石海峡大橋を渡り垂水JCTへ。

ここから第2神明道路 阪神3号線 湾岸5号線 4号線と走り南港フェリーターミナルへ向かう。

車が多く流れも速い 緊張しながらなんとか南港北ICにつきほっとする。

がフェリーターミナルの場所が以前と変っておりちょっとまごつくが午後4時ごろ到着。

雨具を脱ぎ休憩して切符を買い バイクに戻るとすぐに乗船の指示。出航までは1時間半もあるがありがたい。

すぐに入浴してのんびりする。

新船になり何もかも新しく快適に過ごせるよう いろいろな工夫があり素晴らしい船旅ができる。

3月20日(水)4日目

朝9時 志布志港着 9時半下船 10時半鹿屋着

思ったほど疲れもなく途中のトラブルもなく初めての四国ツーリングは終わった。

注意事項

1 ETC 無線は必需品だ。走りながらの情報交換はとても便利だった。長距離になると高速道路が多く料金所 チェックポイントがある。ETCなしはかなり手間取る。

2 荷物はなるべく少なく コンパクトに。

3 ウェアは脱いだり着たり 外気温や天気に対応できるようにすべし。豊留氏は雨具やインナーを上手に使いこなしていた。.

4 休憩は効率よくとって時間短縮を図る。

5 事前調査をできるかぎり細かくしておく。特に観光地はバイクの駐車場を調べておく。

6 フェリー乗り場には90分以上前に到着するよう計画すべし。

7  大阪の都市高速は交通量が多くスピードも速い。車間距離は少ない。団体で走るには適さない。

四国ツーリングを終えてサンフラワー大阪南港ターミナルに着いたところ。雨具を脱いで身も気分も軽々としています。

H18年 GOOD RIDER MEETING

11月18日 寿自動車学校で 2018年度グッドライダーミーティングが実施されました。 その様子を紹介します。

参加者21名 川畑氏GL1800のS字走行

里恵さん ブロンコ220 下村氏KLX250

豊留氏 NIinja1000

矢野氏 Skywave250

林田氏シェルパ250

矢野氏 Skywave250 松元氏 ジェベル125

松元氏 ジェベル125 友井川氏 CRF250 豊留氏 NIinja1000 野元 DRZ400 林田氏シェルパ250 里恵さん ブロンコ220 矢野氏 Skywave250 川畑氏GL1800 友井川氏 CRF250

「ニュース!」への1件のフィードバック

  1. ‘sy853322@rk2.so-net.ne.jp’

    お疲れ様です。登録お願いします。

                 伊藤吉和

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

鹿屋市 – オートバイ、バイク